風邪を引く方が増えています!

こんにちは。院長の中村正樹です。最近、寒くなって乾燥して来たからか風邪を引く方が増えて来ています!


発熱、頭痛、咳、痰、のどの痛み・・、つらいですよね・・。

鍼灸は首肩こりや腰痛に効果があるけど、風邪には効かないでしょ?と思っているあなた!実は風邪にも鍼灸はとても効果があります。特に風邪の引き始めちょっと熱があるかな~?のどが痛いな~?という状態の時に鍼灸を行うとサッと症状が治まり回復が早まります。

実際に熱がある際に効果的なのは、首肩まわりのツボに鍼をし、上半身をお灸で温め血流を良くすると一時的に熱が上がりますがすぐに治まり楽になります。

のどの痛みには天突というのどのツボに鍼をするのが効果的です。のどに鍼するというと驚かれますが、のど自体が輪状軟骨で覆われていますからよほど太い鍼で強引なことをしなければ重大なミスに繋がることは少ないと思います。


私は、自分で天突に鍼を打つのが非常に好きで少しでものどが痛いなー、イガイガするなーと感じたらすぐに鍼を打ちます。たまにテープで貼り付けたまま事務所で事務作業していることもあります笑(絶対に他の人は真似したらダメです!)

天突に鍼を打ち水分を補給すると痰が出やすくなります。痰を出来るだけたくさん体外に排出するとみるみるのどの腫れが引き、痛みが減って行きます。私の場合は夜寝る少し前に鍼をして痰を出した後に温かくして眠れば翌朝には良くなっている!ことが多いです。

みなさんもまずは自分自身で何か身体に良いことをして風邪を引きにくい身体にしておくことをおススメします。もちろんすぐに医療機関に行って診察をうけることも重要ですよ。