マタニティ整体について

妊娠中に起こりがちな体調不良と悩み

頭痛等の体調不良に悩む妊婦

  • つわりがひどく、気分が優れない状態が続いている
  • 足がむくんだりつったりする
  • 肩こりや頭痛が辛いが、薬が飲めないので我慢している
  • 腰痛のせいで眠ることさえできていない
  • 少し動くだけでも疲れてしまう

お腹の中の赤ちゃんが成長する妊娠中は、女性の身体にさまざまな変化がもたらされる時期です。痛みや不快症状が増えていくにつれて、純粋に喜んでばかりではいられなくなることもあります。

いつもよりも健康に気遣わなければならない時期にもかかわらず、ひっきりなしに訪れる不調に、ストレスを抱えている方も少なくないでしょう。また、サロンや整骨院で妊婦マッサージや骨盤矯正を受けたくても、赤ちゃんへの影響が心配でなかなか行動に移せないという辛さもあります。

病院のお医者さんも通う当院のマタニティ整体

赤ちゃんにも優しい施術なので安心

まめの樹治療院では、妊娠中の体調改善と安全な出産をサポートするため、マタニティ整体の施術をご用意しています。無理のない刺激と的確なアプローチに徹した、女性の方にもお腹の赤ちゃんにも優しいと人気の施術です。

ひどいつわりに悩まされ全く食事が出来なかった方が施術後、食事が出来るようになったり、内科の医師の方が「西洋医学では改善出来ないので針灸をお願いします」と来院され、身体が楽になると通われていたこともあります。

元気な赤ちゃんを育てるには、ママの健康が何よりも大事です。だからこそ、一人で悩まずに一緒に身体のケアを始めていきましょう。

妊娠中の症状と原因

妊娠中は身体への負担が増します

  1. 妊娠初期(4週目から15週目まで):つわり、腹痛、倦怠感、眠気、便秘
  2. 妊娠中期(16週目から27週目まで):足のつり、便秘、腰痛
  3. 妊娠後期(28週目から40週目まで):お腹のはり、胃の不快感、腰痛、むくみ

妊娠中はお腹のなかの赤ちゃんが成長するため、上のような症状があらわれます。

初期では女性の身体が出産に向けて変化し始め、中期では胎盤の完成や赤ちゃんの成長が見られ、後期では赤ちゃんの成長が著しくなるという特徴があります。これらの症状は、女性ホルモンや体型の変化が主な原因です。

妊娠中は女性ホルモンの一種である「プロゲステロン」「エストロゲン」の分泌が妊娠前とは異なる様子になることも、体調変化の原因だと言えます。さらに、妊娠期間が進むとお腹の大きさや骨盤の開きも変わっていき、女性の身体への負担が増していきます。その結果、痛みや不調、精神的なストレスが目立ちやすくなるのです。

妊娠中の女性に配慮したマタニティ整体で出産までしっかりサポート

楽な姿勢で施術を受けることができます

まめの樹治療院のマタニティ整体は、妊娠中の身体と赤ちゃんに優しい施術が最大の強みです。

身体に優しいクッションとベッド、女性専用の施術室をご用意し、横向きや仰向けなど、女性の方が楽な姿勢で施術を受けられるように配慮しています。加えて、少ない刺激で最大限の治療効果を発揮できるように努めているため、無理なく症状改善と健康促進を期待できます。

マタニティ整体では、身体のバランス調整と鍼灸治療がメインです。身体の歪みを整えると気分も体調も良くなり、鍼灸治療はつわりの緩和や自律神経の安定、安全な出産への準備に大いに役立ちます。慎重なカウンセリングと検査であなたにベストな方法を選びますので、安心して施術を受けにいらしてください。

身体も心も楽になり、充実したマタニティライフを送りましょう

「肩こりや腰痛、背中の痛みが改善した」「動いても疲れにくくなった」「楽しいマタニティライフを過ごせていて、出産が楽しみになった」など、多くの治療効果を実感されています。

日ごろ頑張っている女性の身体には、適度なケアが必要です。ぜひ当院のマタニティ整体を、あなたの体調管理のために役立ててください。

全額返金保証!全く効果を実感できなかった場合、全額お返しします


そんなご不安、お悩みもお気軽にお問い合わせください。096-363-8901

WEB予約受付中

MAP