スポーツ障害の改善について

ランニング中、身体に痛みを感じたことはありませんか?

スポーツ障害に悩む女性

  • 膝の外側が痛む
  • お尻からももの裏側が痛む
  • すねのあたりが痛む
  • 股関節、膝に違和感がある
  • 背中、腰に響くような痛みがある

健康のためと思って始めたランニングも、慣れてくると距離が伸びて楽しく感じるものです。しかし思いがけない痛みや不調で、思うように走れなくなってしまったという方も多いのではないでしょうか。

ランニングやスポーツによる怪我や捻挫は放っておくと競技が続けられなくなるだけでなく、その後、他の身体の不調を発生させる原因にもなります。とは言え、「もう歳だから仕方ない」や「自分には向いてなかった」とあきらめる必要はありません。

正しい治療と指導を受けることで、競技に復帰することは充分可能なのです。

スポーツ障害は我慢せずに熊本市のまめの樹治療院におまかせください

初心者の方が起こす可能性が高いスポーツ障害

スポーツ障害というと、ごく一部のアスリートだけのものだと思ってしまいがちですがそうではありません。長時間同じ負荷をかけ続けることによって起きる損傷という意味では、一般の方もプロも一緒です。

むしろ、ボディメンテナンスやコンディショニングに関する知識が浅い初心者のほうが、スポーツ障害を起こす可能性が高いとも言えるでしょう。

これくらいの痛みなら我慢できるから、とギリギリまで放置するのは禁物です。痛みを抱えながらトレーニングを続けても、良い結果を残すことはできません。まずはコンディションを整えることを先決に考えるべきでしょう。

そのためには、信頼できる針灸師や整体師のもとで、きちんとボディケアを行うことがなによりも重要です。まめの樹治療院は、長年スポーツ障害の施術を行ってきた実績があります。マッサージやカイロプラクティックでは手の届かない深い位置の筋肉のこわばりも、鍼灸で解消することができます。

走ることで痛みが起きる原因

ランニングも痛みが起こる原因

ランニングが原因で痛みが起きる部位で圧倒的に多いのは膝です。その中でもランナーに多く発生するのが腸脛靱帯炎(ちょうけいじんたいえん)、別名ランナーズニーとも呼ばれる症状です。

これは膝の外側と腰をつなぐ大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)が固くこわばることで、骨とこすれ合い痛みを発生させます。走るのをやめれば痛みはおさまりますが、症状が進むにつれ安静時にも痛みを感じるようになってきます。

ランニングニーの起きる最も大きな原因は、膝の使い過ぎです。練習時間や距離が長すぎる、ウォームアップ不足、シューズやフォームが合っていない等で、膝に負担がかかることで症状がより進行します。

痛みを感じた状態で競技を続けていると、痛い部分を無意識にかばってしまいフォームも崩れてしまいます。そのため肩や腰等にも痛みが生じたり、別の疾患を引き起こす要因になるのです。痛みが出ている時は、自己判断したりその場しのぎのマッサージ等に頼るのではなく、高い技術力を持つまめの樹治療院へご相談ください。

全身のバランスを整えスポーツ障害を改善し早期復帰を目指しましょう

全身のバランスを整えて症状を改善

まめの樹治療院は、痛む部位だけでなく全身のバランスを重視した施術を行っています。正しいフォームや成果を残せるパフォーマンスには、身体のバランスを正しく保っていることが欠かせません。

骨盤矯正でバランスを整えつつ、患部には鍼灸治療を行い症状が再発しにくい身体づくりを目指します。まめの樹治療院は、日本トップクラスの市民マラソンランナーや国体出場選手を数多く施術してきた針灸師の在籍する治療院です。

ランナー向け雑誌にも掲載される等、業界内でも高い評価を受けております。他の整形外科や整骨院では効果が出なかったという方もお気軽にご相談ください。

痛みを解消して早期復帰を目指すなら、まめの樹治療院を選ぶのが回復への近道です。

全額返金保証!全く効果を実感できなかった場合、全額お返しします


そんなご不安、お悩みもお気軽にお問い合わせください。096-363-8901

WEB予約受付中

MAP